媒介契約と報酬

媒介契約とは
 宅地建物の売買・交換の媒介(仲介)や代理を宅建業者に依頼することを内容とする、依頼者と宅建業者との間の契約を「媒介契約」といいます。媒介契約には、【専属専任】・【専任】・【一般】があります。

 専属専任媒介契約
 依頼者は、目的物件の売買又は交換の売買又は代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼する事ができません。依頼者は、自ら発見した相手方と売買又は交換の契約の締結をすることができません。当社は、目的物件を国土交通大臣が指定した指定流通機構に登録します。

 専任媒介契約
 依頼者は、目的物の売買又は交換の媒介又は代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができません。依頼者は、自ら発見した相手方と売買又は交換の契約を締結する事ができます。当社は、目的物件を国土交通大臣が指定した指定流通機構に登録します。

 一般媒介契約
 依頼者は、目的物件の売買又は交換の媒介又は代理を、当社以外の宅地建物取引業界に重ねて依頼することが出来ます。依頼者は、自ら発見した相手方と売買又は交換の契約を締結する事ができます。

宅地建物取引業者の報酬額

媒介した物件の代金又は評価額 依頼者の一方から受領できる仲介手数料の最高限度額
取引価格が200万円以下の場合 物件価格×5%×消費税
取引価格が200万円を超え400万円以下の場合 (物件価格×4%+2万円)×消費税
取引価格が400万円を超える場合 (物件価格×3%+6万円)×消費税

                                                             トップページへ